スーパーウォール(SW)工法

  • HOME
  • スーパーウォール(SW)工法

スーパーウォール(SW)
工法とは

独自の高性能SWパネルによる高気密・高断熱・高耐震構造を特徴とするスーパーウォール(SW)工法。冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消し、住まいの基本性能を大きく向上します。

Point1 温度差が小さい

Point1 温度差が小さい

スーパーウォール(SW)工法は、SWパネルと呼ばれる壁や天井パネルを現場に搬入し、そのパネルを柱に固定することで高い耐震性が得られるとされています。SWパネルとは、OSB構造用パネルを用いた構造用面材に断熱材や気密パッキンなどをあらかじめ工場で組み合わせたパネルです。気密性の高いスーパーウォール(SW)工法は、四季を問わず一年を通して快適な室内温度を保てます。高い保温性で冷暖房効率が良いので、部屋の上下温度差が少ないです。

Point2 地震や台風に強い

Point2 地震や台風に強い

世界的にも地震が多い日本にふさわしい、独自のパネル構造で耐震性・耐風性を高めています。木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交いに集中して、建物がねじれやすくなります。SW工法は木造軸組工法に高性能SWパネルをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとり、災害に強い住まいを実現します。SW工法で使用するSWパネルやサッシは、様々な試験で耐震性・耐風性をチェックし、その高い安全性が実証されています。

Point3 音が静か

家全体の気密性が高いので、外からの騒音を低減します。また、室内からの音漏れも抑えます。

Point4 空気がきれい

外からの空気を常に取り入れ、室内の汚れた空気を排出し、室内の空気のよどみが少ないです。

Point5 省エネルギー

スーパーウォール(SW)工法の住宅は保温性が高いので、暖房を停止しても温度の低下はゆるやか。暖房を再び開始して快適な室温にするまでのエネルギーも少なくて済みます。

※ドリームハウスはLIXILの認定を受けた「スーパーウォール(SW)工法認定加盟店」です。

スーパーウォール工法を
さらに詳しく!

安心の耐震補償 耐震等級3で
始めるこれからの家づくり

スーパーストロング
構造体バリュー

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

スーパーストロング構造体バリュー

耐震等級3相当の
強さの理由

壁が強い

壁が強い

【建築基準法の場合】
2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定です。

【スーパーストロング構造体バリューの場合】
建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

床が強い

床が強い

【建築基準法の場合】
床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定です。

【スーパーストロング構造体バリューの場合】
形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

基礎が強い

基礎が強い

【建築基準法の場合】
地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけですので、基礎配筋などの仕様は一定です。

【スーパーストロング構造体バリューの場合】
建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。

耐震補償について

※万が一、地震の揺れが原因で「スーパーストロング構造体バリュー」で建てた住宅が全壊した場合、建替え費用の一部を最高2,000万円まで負担いたします。この「耐震補償」は、一般的によく知られている「地震保険」とは違い、品質保証の一環としておこなわれるものです。

安心の耐震補償をさらに詳しく!

CONTACT お問い合わせ

ご質問、ご相談など何でも
お気軽にお問い合わせください。

0995-62-3263

0995-62-2675

info@dreamhouse-kk.com

営業時間 / 9:00~18:00
定休日 / 毎週水曜日、第2・第4木曜日

お問い合わせフォームはこちら